包茎手術、包茎治療に年齢制限があるの?中高年の包茎治療について

時計を見る男性

自分が仮性包茎や真性包茎で、包茎手術を受けるとなると準備が必要です。

クリニック選びから無料カウンセリング予約、そして包茎治療を決めたら手術の予約、費用の準備、そして心の準備も必要です。

差し迫った状態でなければ、なんとなく包茎治療を先送りしてしまう気持ちがあるかもしれません。これは、人それぞれ包皮の状態が異なりますから、考え方にも違いがあって当然です。

では、包茎治療に年齢制限があるのでしょうか。

約40%は50代以上

医療法人、皐月クリニックは「患者さんの約40%は50代以上」というデータを公表しています。

50代以上の患者さんは長年、自分の包茎が気になっていたと思います。しかし、包茎治療を受けるきっかけが無かったり、日々の生活が忙しくて治療を先送りしてきた方もいることでしょう。

事情は人それぞれだと思います。

医療技術の世界は日進月歩。包茎手術の技術も一昔前より明らかに進歩していると言えます。また、医療設備や器具も進歩しています。

そして、包茎に悩み、包茎治療を希望する患者さんが多いからこそ、包茎治療クリニックの中には全国展開している大手も存在します。

今となっては、自分が納得できるクリニックで包茎治療を受ける医療基盤は整っています。

包茎治療のメリット

医師の解説によると、包茎治療は医学的なメリットと精神的なメリットがあります。

包茎治療のタイミングは思い立った日

Now 今

もし、10代でこのWebをスマホやPCで閲覧しているのでしたら、ある意味、手前味噌ながらラッキーだと思います。インターネットがこれだけ普及し、手元のスマホで自由に情報を収集できます。

当ブログからも、包茎治療、包茎手術は何か特別で敷居が高い治療ではなく、社会に根を下ろしている医療であることがお分かりいただけると思います。

包茎のままコンプレックスを抱いていて、いつも頭の片隅で包茎の事が気になっているのでしたら精神衛生上、決していいとは言えません。

もちろん、真性包茎や仮性包茎は亀頭と包皮の間に汚れが溜まりやすく、それが悪臭や感染症の原因になりやすくなります。

[関連記事]

包茎のデメリットの1つは感染症の問題です。亀頭が包皮に覆われていると、分泌液や尿、精子が混じり合って腐敗し悪臭の原因に。雑菌が繁殖しやすく感染症にかかりやすくなります。また、コンプレックスが原因で男としての自信が持てない精神面への問題です。

人の一生は有限です。そして、誰でも年を取ります。

20代の方はまだピンとこないことでしょう。

誰もがいつか高齢になり、介護を受ける日が訪れるかもしれません。

自分の包茎にコンプレックスを持っているのでしたら、先送りしないでクリニックで治療を受けることでスッキリすることは間違いありません。

治療後、包茎の事は忘れて、公衆浴場や温泉、女性との肉体関係でも心のわだかまりが無くなります。

スッキリ期間、人生を楽しむ

ここで、AさんとBさんの一例です。

【例1】

Aさんは早めに包茎治療が完了。

包茎治療の前後

Aさんは20代前半で包茎手術を受けて完治。

それ以降、包茎の事はもう忘れてしまいます。臭うことは無く、感染症とも無縁です。

【例2】

Bさんは遅れて包茎治療が完了。

包茎治療の前後

Bさんは諸般の事情から、遅れて包茎手術を受けて完治。

Aさんと同様、包茎治療後は包茎の事は忘れていきます。

Bさんが高齢になり、もし介護を受けるようになっても、介護の担当者に対して恥ずかしくはありません。

年を重ねても、シンボルは男のプライド。これは女性には分からないでしょうけど、男は一生「男」でいたいもの。

思い立ったが吉日

このように、包茎手術を受ける時期は人それぞれ。包茎治療後は包茎の悩みは頭から消えてしまいます。

スッキリして、それ以降は臭うことは無く、感染症とも無縁です。女性との関係で感染症を移してしまうような事が無くなりますし、肉体的にも精神的にもいい方向に回転します。

もし、あなたが包茎で悩んでいて治療を考えているのでしたら、思い立ったが吉日。早く治療を受けた方がトクだと思いませんか?

[関連記事]

包茎のデメリットの1つは感染症の問題です。亀頭が包皮に覆われていると、分泌液や尿、精子が混じり合って腐敗し悪臭の原因に。雑菌が繁殖しやすく感染症にかかりやすくなります。また、コンプレックスが原因で男としての自信が持てない精神面への問題です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする