包茎手術の費用-泌尿器科と包茎治療の専門クリニックの治療料金

請求書、領収書-包茎手術・治療のクリニック選びはwww.male-clinic.com

自分のシンボルに自信が持てない、包茎にコンプレックスを抱いている男性はあなただけではありません。

真性包茎(しんせいほうけい)や仮性包茎(かせいほうけい)の悩みを抱えながら、前向きに包茎治療を考えると、治療費も気になります。

当ページでは、包茎手術を受ける場合の目安となる手術費用をご案内します。

医療機関の選択

包茎治療で手術を受ける場合、大きく2種類の医療機関があります。

一般病院の泌尿器科

健康保険証

一般病院の泌尿器科で保険適用の包茎手術を受けるには

真性包茎(しんせいほうけい)」

または

嵌頓包茎(かんとんほうけい)」であるのが条件です。

この2つが保険診療(※)として保険適用となるのは「治療をしなければ、日常生活に支障をきたす疾患(しっかん)」だからです。

手術費用は保険適用で数万円が目安です。

【注意】

仮性包茎(かせいほうけい)の治療は泌尿器科で保険適用外ですから注意しましょう。

(※)保険診療:健康保険が適用になる医療です。

[関連記事]

病院の泌尿器科で包茎手術を受ける男性が非常に少ない理由・・それは保険適用になる包茎手術と保険適用外の包茎手術があるからです。泌尿器科の包茎手術の方法と費用は?包茎手術の前に、泌尿器科と包茎治療の専門クリニックの違いを理解しておきましょう。

包茎手術、治療の専門クリニック

クレジットカード-包茎手術・治療のクリニック選びはwww.male-clinic.com

包茎専門の治療クリニックは美容クリニックです。美容クリニックは自由診療(※)の医療機関ですから保険証は使えません。実費負担となります。

(※)自由診療:健康保険が適用されない医療です。

手術費用は各クリニックと包茎の状態、手術内容にもよります。以下は手術費用の目安です。

治療内容 手術費用の目安(税別)
仮性包茎

真性包茎

カントン包茎

10~20万円
他院修正(※) 20万円~

(※)他院修正

美容的な観点から、他の医療機関で受けた手術痕の傷跡修正の手術。

個別の問題や特殊な包茎治療を除いて、仮性包茎、真性包茎、カントン包茎の手術費用が20万円を越えることは少ないと考えていいです。

なお、他院修正を希望する場合、今現在の状態は人それぞれですから修正手術の内容は一概に言えません。自分の希望を医師に伝えて手術内容を相談するかたちになります。

他院修正は高度な医療技術が必要なこともあり、手術費用はそれなりにかかります。

オプション

包茎手術クリニックでは包茎手術以外に亀頭にヒアルロン酸を注入する手術があります。

これにより、包茎手術後の敏感になっている亀頭が外的な刺激を受けにくくすることができます。これは人体に安全なもので、注入後、約6ヶ月ほどで人体に吸収されます。

このようなオプションの要不要は自分が判断するもので、必須の治療ではありません。不要と思うのであれば、追加費用を払ってまで治療を受ける必要はありません。

支払い方法

多くの包茎治療クリニックは現金払い以外に、クレジットカード払い、医療ローンを受け付けています。

もちろん、分割払いの場合は支払い回数に比例して金利が上乗せされますから、無理が無いように回数を決めたいものです。

[関連記事]

病院の泌尿器科で包茎手術を受ける男性が非常に少ない理由・・それは保険適用になる包茎手術と保険適用外の包茎手術があるからです。泌尿器科の包茎手術の方法と費用は?包茎手術の前に、泌尿器科と包茎治療の専門クリニックの違いを理解しておきましょう。