包茎手術クリニックで仮性包茎の手術を受けた術後のメリットとは?

海辺で男性と女性

包茎手術クリニックで仮性包茎の手術を受けて術後、個人差はありますけど、1ヶ月もすれば患部が落ち着いてきます。

その頃、包茎手術の縫合でナイロン糸を選んだのであれば、既に抜糸が終わっています。吸収糸で縫合したのであれば、糸が分解されてくる時期です。

術後の回復期

包茎手術クリニックでカウンセリングから手術当日、そして術後の鈍い痛みを乗り越えて、不安な日々がだんだん落ち着いてきます。

体は傷口を治す自然治癒力がありますから、患部の傷口が落ち着いてくると、肉体的にも精神的にも元の生活に戻っていきます。

パートナーとの関係も問題が無くなり、あたかも人生の中の山場を乗り越えた充実感のようなものを覚えるかもしれません。

そして、次のようなメリットに気付くはずです。

わだかまりが消えていく

包茎手術を受けるまで、自分は包茎で肉体的、精神的にコンプレックスを抱いていたわけですから、常に頭のどこかに悩みを抱えていたはずです。

ところが、術後経過が順調で元の生活ができるようになると、徐々に吹っ切れた気分になります。

いつも亀頭が頭を出している状態ですから、友人や仲間と公衆浴場や温泉に入る時に包茎を気にすることが無くなります。

もう24時間365日、頭を出している状態ですから。

更に入浴時、包皮を剥いて亀頭と包皮の間を洗って・・という手間が無くなります。男性シンボルを軽く洗うだけでOK。

しかも、亀頭と包皮の間の恥垢(ちこう)が溜まることが無くなりますから、悪臭の問題からオサラバできます。常に亀頭が乾燥していますから感染症の心配もほとんど無くなります。

しばらくは亀頭が敏感なこともあって、下着に接触して違和感を抱きますけど、亀頭が摩擦によって徐々に鍛えられていきます。

治療を終えて、「包茎」という言葉が頭からフェードアウトしていきます。今までのわだかまりが自然と消えていくのです。

当Webのトップページのバナーキャッチコピーは

「男を上げて、男になる。」

まさに、男になった気分になることでしょう。

そして、今後は肉体的にも精神的にも一皮剥けた男として、学業や仕事、恋愛、夫婦生活に自信がもたらされると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする