包茎の種類と割合-仮性包茎,真性包茎,嵌頓(かんとん,カントン)包茎

カップル-包茎手術、治療ならクリニックで相談

包茎の種類

仮性包茎(かせいほうけい)

黄色信号

包茎(ほうけい)の中で一番多いのが仮性包茎(かせいほうけい)です。日本人男性の約70%は仮性包茎と言われます。

仮性包茎とは、通常、包皮が亀頭を覆っていますが、手で皮をむけば簡単に亀頭を露出させることができます。

男性シンボルの勃起時、ほとんど亀頭が露出するタイプから包皮が亀頭を覆っているタイプまであります。

女性看護師、Mさん
包茎の中で仮性包茎の患者さんが多いですね。

真性包茎(しんせいほうけい)

赤信号

真性包茎(しんせいほうけい)とは、男性シンボルが勃起した時も、平常時でも全く包皮をむく事ができない状態です。

真性包茎で女性との正常な行為は難しいとされます。

亀頭が常に包皮に覆われているため、亀頭の成長を妨げる要因となり、先細りの男性シンボルになる可能性があります。また、排尿時、尿が飛び散りやすくなります。

女性看護師、Mさん
真性包茎は割合としては少ないです。

男の赤ちゃんはみんな真性包茎

幼児

男の赤ちゃんは、みんな真性包茎です。100%真性包茎なのです。

そして、

乳児

幼児

小学生

中学生と成長していくうちに、真性包茎の割合が減っていきます。

高校入学の時点で男子高校生の真性包茎の割合は5%未満のようです。

男性シンボルも成長していく

体の発育と共に男のシンボルも成長していきます。

高校生の時点で勃起時、亀頭が頭を出すようになっていきます。あるいは、指で包皮をめくることで亀頭が頭を出すようになります。

高校生の時点で、包皮をめくることができず、亀頭が出ないのであれば真性包茎の可能性もあります。これは、自分では判断できないこともあり、専門のクリニックで相談が必要となるでしょう。

嵌頓(かんとん、カントン)包茎

赤信号

嵌頓(かんとん、カントン)包茎とは亀頭が狭い包皮口をくぐり抜けて露出し、そのまま元に戻らなくなった状態のことです。

そのまま放置すると、包皮口が亀頭のカリの部分を締め付けて、うっ血し、亀頭がはれて血液循環が悪化します。これは一刻を争う状態です。

手術によって治療しないと、亀頭壊死(えし)という大変な状態になります。

女性看護師、Mさん
カントン包茎は危険ですから、医療機関へ急いでください。

※中には「広東包茎」でネット検索されているケースがあるようですけど、正しくは「嵌頓包茎」です。

肥満型包茎(ひまんがたほうけい)

黄色信号

肥満型包茎(ひまんがたほうけい)とは、下腹部の厚い皮下脂肪により男性シンボルが埋まり、シンボルの付け根が先端方向に押し出され、包皮が亀頭を覆ってしまう症状です。

埋没陰茎包茎(まいぼついんけいほうけい)

黄色信号

埋没陰茎包茎(まいぼついんけいほうけい)とは、体内に陰茎が隠れる割合が多くなる症状。外科治療で体内に埋もれている陰茎を外に出すことが可能です。

[関連記事]

包茎のデメリットの1つは感染症の問題です。亀頭が包皮に覆われていると、分泌液や尿、精子が混じり合って腐敗し悪臭の原因に。雑菌が繁殖しやすく感染症にかかりやすくなります。また、コンプレックスが原因で男としての自信が持てない精神面への問題です。
男女を問わず、異性のあそこは気になる存在。多くの女性は不潔で悪臭が漂う男性に嫌悪感を抱きます。女性にとって、不潔な男性は感染症や性病を移されるリスクがあります。包茎は汚れが溜まりやすくなるため、身だしなみと同様に男として責任を持ちたい。
包茎手術を受けないで包茎を治す方法があれば、心理的にグッと敷居が下がります。通販で包茎矯正リングが販売されていますけど、これで包茎が治るのでしょうか?包茎矯正リングのメリットとデメリットとは?包茎矯正リングの効果は?包茎手術の前に必読。